まさかの日米シニアライフ

  アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。retirement謳歌中?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「斜め」を攻略せよ!

アメリカで築100年の家をリノベーション中ですが、けっこう
大変だったのが最上階にある斜めを攻略すること!

最上階は吹き抜けのため、斜めの壁が多数あります↓窓も斜めです

4-3.png

この階にゲストルーム・ゲストバスルームがあるのですが、
この「斜め」の壁のために、制約があってリノベーションは大変です。
トイレは日本製「TOTO」のウォシュレットを設置。
水圧が足りているか心配でしたが、これは、すんなり設置↓

toire.jpg

問題はバニティ(洗面台)。
↓下記の写真の部分にバニティを設置したいのですが

naname20.jpg

斜めに壁があり(赤やじるし)、洗面台に立つと右側が低くなっているので
水道部分が左側にある洗面台でないと水が使えません。

そこで探したのが、こちらのvanity(洗面台)↓左側に水道部分があります

vanity1.png

2ヶ月ほど前にオーダーしましたが、まだ届かず。
在庫がなかったので製造中?・・・来月に到着予定。代わりになる
ものがあれば簡単なのですが、いろいろ探しても、ここに合うのが
これしかなかったので、待つしかありません。ということで、
インストール終了せず。。引っ越しまでに間に合うかは不明(爆)

斜めの壁はデザイン的には面白いのでしょうが、斜めで仕切られた空間を
うまく使い切るのは難しい
ですね。

シャワー部分も、こんな変形空間になりました↓
shower4.png

斜めの攻略は続行中~



人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

やっぱり電話じゃなくてメールを使おう!

アメリカで築100年の家をリノベーション中の娘夫婦。
やっぱりというべきか・・・送られてきたリノベーション途中の写真を見て
問題を発見してしまったんです。(爆)

まずは、下の子供用バスルームの写真ですが・・
鏡(赤やじるし)の位置が低すぎるし、ライト(黄色やじるし)の取り付け
位置が、鏡の上のはずが横(両サイド)に取り付けられていたのです。
なんだか「間抜けな」感じのvanity(洗面台)周りになってしまっています。

kid11.jpg


業者は、鏡とライトをとりつけ、壁のペンキまで塗ってしまったのですが
やり直してもらうことになりました。ふぅ~

この手直しよりも、もっと大変な問題が発生!なんとキッチンのキャビネットの
形状が思ったものとは違ったものが取り付けられていたのです。

下の写真の赤い枠で囲ったところに電子レンジとオーブンが入る
予定になっていて横並びにキャビネットは作られていました
でも、レンジとオーブンは縦幅が違うので、きれいに横並びには
ならないので、縦並びでお願いしたはずだったのです。(爆)↓

kitchen11.png

これを作り直すのは「おおごと」ですが、見た目が悪く譲れないので
作り直してもらうことになりました。リノベーション前の位置と同じに作って
くれと言っていたのに・・・いろいろと要望を入れているうちに違ったものに
なってしまったようです。

メールのやり取りで確認していたのに、最後の最後の確認が「電話」での口約束
だったがために、行き違いが生じてしまったようです。
やはり、業者とのやり取りはきっちりとメールで残しておかないと駄目です。

と、いうわけで・・・「おおごと」のものや「こまかい」ことも含め
まだまだ手直しが入り、リノベーションは終わりません。。ふぅ~



人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


キッチンにいる怠惰なスーザンは鍋を重ねない?!

アメリカで築100年の家をリノベーション中の娘夫婦。当初、キッチンは
そのまま使う予定だったのですが、他をリノベーションしていったら
キッチンもしたくなって、一番お金のかかる「キャビネット」を変えることに
なりました。

せっかくリノベーションするならと、使い勝手をいろいろ考えた娘。
Lasy Susanを、つけることにしたわ」
「Lasy Susan・・怠惰なスーザン・・って誰??」

Lasy Susanとは、回転する台のこと。。中華料理店でみかける食卓台です↓

lasy3.jpg

キッチンに「回転台」の食卓をつけるのか??と、思いきや!そうではなく・・
キャビネットの角っこのデッドスペースに設置するのです。
日本語だと「コーナーラック」というものでしょうか~。↓
lasy1.jpg lasy2.jpg

アメリカではLasy Susanというそうで、元々は使用人のSusanが
lasy(怠惰)で給仕しなくても食事できるというところから来ている
ネーミングだとか。因みに、Susanは特定の人名ではなく、昔は
使用人につけられる一般的な名前だったとの説があります。

さてさて・・そんな怠惰なSusanを設置することを決めた娘。次に
キャビネットの中に鍋を収納するので、日本の我が家で使っている
取っ手が取れて重ねて収納できるT-fal(ティファール)の鍋を
買おうとしたのです。

tfal.png

ところが!売ってない!アメリカのT-falの公式HPをみても売って
いないんです。広いキッチンが確保できるアメリカでは
「重ねて収納」なんてしないのかも。(爆)
因みに別のドイツメーカーのもの(Woll社)では存在しました。
それを買うかどうか思案中。。




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

意外にも働き者のアメリカ人がsabbatical leave を取る!

昨年、アメリカで築100年の家を購入し、いまだにリノベーション中の
娘夫婦。その家への引っ越しが来月に迫ってきています。
引っ越しの段取りや引っ越し後の生活設営など、まだまだやらないと
いけないことが山積み。

引っ越し先の家は、現在住んでいる家から遠く離れていて、現場を
ちょっと見に行くなんてことはできません。(車で40時間ほどかかる距離)
夫婦だけならいいのですが、子供がいると生活をし始めるための準備も
簡単にはいきません。前もって用意しないといけないものもありますし。。

と、いうことで、娘婿がsabbatical leave(サバティカル休暇)を1ヶ月
取ることにしたそうです。
sabbatical leaveとは、伝統的には大学教授に与えられる特別研究するための
休暇のようですが、ビジネスの世界でも取り入れている企業もあるようで
長期有給休暇といったところです。

アメリカ人って「あまり働かない」印象がありますが、意外にも
アメリカは日本よりも祝日など休日は少ないです。
日本のような正月休み、ゴールデンウィーク、お盆休み、
シルバーウィークなんていうのがないせいか、長く休むことは
ありません。学校の夏休みは3ヶ月ありますが、親は働いて
いますし。

アメリカ人の娘婿も、こんなに長く休むのは初めて。。
日本じゃ、引っ越しだからって1ヶ月休暇なんて取れませんね。。




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

アメリカの家の価値をアップさせるためにリノベーション中

アメリカの家と日本の家の作りはかなり違います。日本の場合、純和風の家は
少なくなり和洋折衷のものが多くなりました。それに引き換え、アメリカの場合
リノベーションして使い続けるせいか、大筋は昔からのものを引き継いでいる
家が多数。

そんなアメリカの家の価値を上げる要素がいくつかあるのですが、アメリカの
家になくてはならないものがあって・・・それが・・・fireplace(暖炉)

暑い南部にある家でもfireplaceがあります。実際には使わなくてもあり
一個とは限りません。4個あるなんて家もあります(爆)

家の中で一番良い・人の集まる場所には必須。↓こんな感じ
fire1.jpg

暖炉の周りをセンスよく飾るのもお約束。。娘夫婦のリノベーション中の家にも
いくつかあるのですが、リビングの暖炉はリノベーションの対象になりました。

まだ工事中なので綺麗ではありませんが・・・
BEFORE
before (1)

AFTER
after.jpg

白い自然石マーブルに変えたようです。
このあと、石の周りの木部や壁をペイントするので綺麗に仕上がる予定。。
因みに内部の燃える部分はガス式のようで、実際に火は点くので「煙突」が
あります。煙突の強度を上げるリノベーションしたそうです。

基本的に、セントラルヒーティングで部屋の温度は保たれているので
この暖炉は、飾りの一部と考えてもいいみたいですが
アメリカの家で暖炉がないと低い評価になってしまうみたいです。

まだまだ家の価値をアップする要素がありますが、また後日。。
家の価値をアップさせるためにリノベーションしているようなものです。
それにしても、リノベーション終わらない~~どうなるのか~~




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


プロフィール
自分が「around 60」という年齢に達したことが信じられない!! 今日この頃・・・

Yummy

Author:Yummy
アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。日本ではフィットネス三昧、アメリカでは孫や犬の世話、北カリフォルニアにある家で忙しく動き回る日々。これってretirement謳歌しているっていうのか??日米の違いや楽しみ方を発信していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。