まさかの日米シニアライフ

  アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。retirement謳歌中?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

35年間一緒に過ごしたものとお別れしました

週に6日、フィットネスに通ってる私。実は、夫も別のフィットネスに
通っているんです。なぜ、別のところに通っているのかは・・・また後日。
さて、彼の場合は、
13キロの減量に成功したので、かなりの変化を実感できます。
というか・・・そこまで太った夫がバカなんですが(笑)

私の場合は、ダイエットではなく、体力をつけたいのです。体力とは
持久力とか筋力とか・・・。なかなか数字で出せるものでもないので
なかなか実感はないです。いろんな動作が楽にできるようになったな~
という感じはありますが。

ところが・・・ひとつ、劇的に変わったものがあるんです!
それは、35年間ずっと足の裏にあった「魚の目」がなくなったこと。。

魚の目とは・・・皮膚を守っている角質が厚くなって、
皮膚の深いところまで入り込んでしまう症状のこと。こんな感じ(拝借画像)
uo1.jpg

↑「芯」があるように見える部分です。
魚の目ができる原因は↓ある部分に圧力がかかり過ぎているから。
uo.gif
私の場合は、姿勢がアンバランスで右足後ろのほうに体重がかかり
右足のかかとに「魚の目」ができていました。

フィットネスでヨガやティラピスなどで姿勢を正すようになり、骨盤をしっかり
立てる姿勢になったため、圧力が一箇所にかかることがなくなったようです。

正しい姿勢とは↓まずは左右対称です
shisei.gif

この姿勢ができるようになるだけで、かなり身体の不具合はなくなります。
がんばるぞ~




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

[ 2015/05/19 08:26 ] ☆フィットネス | TB(-) | CM(2)
こんばんは^ ^
魚の目ができたことはないですが、昨年末カイロプラクティックに通ったとき「右足のほうが2センチ長いね」といわれました(汗)
何回かいってやめましたが、なんとか治してやるぞ!とストレッチに精を出してます(笑)
(自己流はどうかわかりませんが^^;)
ジムでの成果がでてきて嬉しいですね(#^.^#)
[ 2015/05/20 22:12 ] [ 編集 ]
nanaminさん、コメント有難うございます
nanaminさん、コメント有難うございます
誰でも、左右のバランスが崩れているらしいです。
脚を組むというような動作でも、姿勢が悪くなります。
ジムに行くと鏡で確認しながら自力で調整できます。
ストレッチはとても良い方法ですよ。骨盤を意識して姿勢を保つとより良いです
[ 2015/05/21 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
自分が「around 60」という年齢に達したことが信じられない!! 今日この頃・・・

Yummy

Author:Yummy
アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。日本ではフィットネス三昧、アメリカでは孫や犬の世話、北カリフォルニアにある家で忙しく動き回る日々。これってretirement謳歌しているっていうのか??日米の違いや楽しみ方を発信していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。