まさかの日米シニアライフ

  アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。retirement謳歌中?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老後資金はいくら必要か!

父が晩年を過ごし、臨終の場になった有料老人ホームに
お礼に行ってきました。なんと!10年もお世話になっていたようです。
いろいろなことが、この10年あったのですが、終わってしまうと
なんだか「あっという間」の介護生活でした。。

私の場合、「介護」と言っても、老人ホーム任せで、家庭内で
介護されている方からみたら介護にはならないかもしれません。
実際、親戚の中には
「老人ホームにいれたということは介護したことにはならない」
言い放つ人もいましたから。

あと何年で介護は終わり!という「ゴール」がわかっていれば、
がんばることもできたでしょうが、人間の寿命は分かりません。
先が見えないことが介護を大変なものにしているのです。
家庭内で介護を10年も20年されている方のご苦労は想像に余りあります。

結果論ですが、10年間、我が家で父の面倒をみるのは無理でした。
父は身体は元気だったので、24時間見守らないといけなかったのです。
老人ホームに入れたのは正解だったと思います。

さてさて・・・この10年間で父に関して、いくらのお金がかかったのか
計算をしてみました。今度は「自分の番」ですからね!

入居一時金は別にして、月々に支払う金額は、およそ20~25万円。
この金額で365日・24時間お世話をしてくださって「儲け」があるのか!と
思うのですが・・・・「儲け」はありません。

有料老人ホームは「慈善活動」ではないので「儲け」がでないといけません。
実は・・・介護保険からの支給金があるのです。
ホームに支払われる金額は、介護の程度により違いますが、
基本的に利用者負担は1割で、あとは9割は支給金。

父の場合、最近は25000円の利用負担だったので・・・全体としては
老人ホームに25万円が入っていたと言うことです。

つまり・・・父が支払う利用料約25万円と介護保険からの25万円。。
月々、父には50万円に費用がかかっていたのです。


一ヶ月 50万円×12ヶ月=600万円
一年  600万円×10年=6000万円

半分は、父の年金を全てつぎ込み・・あとの半分は介護保険!!
介護保険制度がなかったら、他人に24時間みてもらえる介護生活は
夢のまた夢でした。。

次に介護が必要になる私の場合・・・年金は父のようにないし・・・
介護保険も先行きどうなるかわからないし・・・。。
どうなるのやら。。。心配です。。

昔のように子供が3~4人いればいいですが・・・いないし・・・
そもそも長生きするのが元凶か~(笑)
介護される時間を、なるべく少なくして死んで行こうと思っております。
そのためには「健康寿命」を延ばすことに尽きます。
<健康寿命とは、健康上の問題がなく日常生活を普通に送れる状態>

がんばって運動しよう~~




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

[ 2015/05/11 19:00 ] ☆日本生活 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
自分が「around 60」という年齢に達したことが信じられない!! 今日この頃・・・

Yummy

Author:Yummy
アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。日本ではフィットネス三昧、アメリカでは孫や犬の世話、北カリフォルニアにある家で忙しく動き回る日々。これってretirement謳歌しているっていうのか??日米の違いや楽しみ方を発信していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。