まさかの日米シニアライフ

  アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。retirement謳歌中?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死んだはずの父が生きていた!

葬儀が終わると、いろいろと手続きをしなくてはなりません。
10年ほど前に、義父が亡くなった際、本当に手続きが煩雑でした。

①役所に死亡届を出す(葬儀社が提出)
②年金の停止を通知する(年金事務所)
③介護保険・健康保険証などの返納

最低限で、こんな感じですが・・・その手続きに添付する
住民票や戸籍謄本などを用意しなければなりません。

早速、私の住民票と父の住民票を取りに行きました。
私と父は同じ住所に住民票を移していたので父の住民票を取るのは簡単。
最近、本人確認がうるさくて、苗字や住所が違うと面倒です。

因みに・・・父は5月4日に亡くなっているので、「住民票」ではなく
「住民票の除票」というのをもらいます。死亡したり他の市町村に
引っ越したりして住民登録が抹消された住民票のことを
「住民票の除票」
と言います。

近くの市役所サービスセンターで申請したのですが・・・
なかなか発行されないのです。

係りの人が怪訝な顔で
「お父様は亡くなられたということで除票を申請なさったんですよね?」
「ええ、そうです」

「住民票を見てみたのですが・・・お父様のお名前が出てきているんです」
「どういうことですか?」

「生きておられることになっています」
「えええ?5月4日に亡くなって死亡届も出しています」

結局のところ・・・連休中に亡くなったので、事務処理が溜まり込んでいて
まだ処理ができていなかったのだとか!
どんだけ・・・連休中に亡くなった人が多かったのか(笑)
と、言うわけで、まだまだ父は生きておりました。。




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

[ 2015/05/08 12:00 ] ☆日本生活 父の葬儀 | TB(-) | CM(2)
最近は不正受給の年金詐欺みたいなものも増えています。
モラルも問われますよね。

応援しておきました。ポチッ
[ 2015/05/08 14:17 ] [ 編集 ]
こんにちは
コメント有難うございます。
そうですね!いまや、性善説では駄目ですね。
いろんな人がいますから、システム上ちゃんとしないと駄目ですね。
応援有難うございました。
[ 2015/05/08 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
自分が「around 60」という年齢に達したことが信じられない!! 今日この頃・・・

Yummy

Author:Yummy
アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。日本ではフィットネス三昧、アメリカでは孫や犬の世話、北カリフォルニアにある家で忙しく動き回る日々。これってretirement謳歌しているっていうのか??日米の違いや楽しみ方を発信していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。