まさかの日米シニアライフ

  アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。retirement謳歌中?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

葬儀にかかるお金の話<寸志>編 (葬儀2)

私の父母は60歳を過ぎる頃に、洗礼を受けてキリスト教徒になりました。
(この経緯については、後日記事にできればと思います。)
因みに、私や夫は「信教は特になし!」という一般的な日本人です(笑)

両親が洗礼を受けたA教会は、とても質素で家庭的な教会でしたが
私の家の近くに引っ越してきたのを機に、B教会に変わりました。

B教会は大きな由緒ある教会で、なにせ「長老」とか「執事」なんていう
信徒から選ばれた「役員」のような人たちがいるような重厚な所。
牧師も主任牧師がいて、副牧師が3人ほどいるようなところで
日曜礼拝に600人くらいは来るというすごさ。。
信徒はお金持ちや高学歴の方々が多数。。両親は気後れしていました。

さてさて・・両親は遺言として・・・
葬儀のやり方やら寸志の金額などを書面で残していました。

☆前夜祭(いわゆる通夜)はしない
☆質素におこない、できるだけ家族のみで行う
☆牧師に10万円、教会に20万円献金(お布施のようなもの)する


両親が洗礼を受けた教会は、とっても質素だったので
この金額でも多いかもしれない・・・なんて言っていた母。。

2年ほど前に亡くなった母の葬儀の際、この金額で
牧師と教会に献金をさせてもらったのですが・・・
とんでもない事態が発生!

私たちが「家族」を中心に葬儀を進めようとしたのが気に障ったのか
献金の金額が少なかったのか・・・副牧師が
えええ??そんなことを牧師が言うの?という発言をしたんです。

「牧師は葬儀の際に皆さんからいただくような献金を
生活の糧にしているんですよ」


えええ??なんで??
そんなことを葬儀の時に言われないといけないの??驚いた私たち。。

牧師は信徒からの献金から「給料」をもらっているのは確かですが
葬儀以外にも献金の機会が多々あります。

☆一般献金・・・礼拝、集会などで捧げる献金
☆感謝献金・・・特別に神に感謝す時、献金をもって感謝する献金
☆指定献金・・・献金の対象(個人・教会など)や、
          使用目的(孤児院・海外宣教など)が指定されている献金

いろんな種類の献金があるのです。

それなのに・・・あんな発言されるなんて!
どれだけ献金が少なかったのか!と、びっくりでした。。
仏教の「戒名料で何十万円もかかる!」なんていうのと比べたら
確かに少額ですけれどね。。

いずれにせよ・・・
「献金」にしても「お布施」にしても「お気持ちだけ」なんていいながら
結局は「相場」というものがあるのが事実。。
と、いうことで・・・・・今回、父の葬儀では
牧師に20万円、教会に20万円の献金を渡しました。

さてさて・・・牧師さまのご機嫌はどうでしょうか・・・
対して増額できてないので・・・またまたご機嫌斜めでしょうか~
葬儀が終わったら判明します。(笑)明日、葬儀です。。




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

[ 2015/05/06 22:35 ] ☆日本生活 父の葬儀 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
自分が「around 60」という年齢に達したことが信じられない!! 今日この頃・・・

Yummy

Author:Yummy
アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。日本ではフィットネス三昧、アメリカでは孫や犬の世話、北カリフォルニアにある家で忙しく動き回る日々。これってretirement謳歌しているっていうのか??日米の違いや楽しみ方を発信していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。