まさかの日米シニアライフ

  アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。retirement謳歌中?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

葬儀にかかるお金の話<葬儀料>編(葬儀1)

父の葬儀の打ち合わせをしました。お酒もタバコも大好きで、
わがまま・気ままな父でしたが・・・なぜか「クリスチャン」(笑)
60歳をこえて改宗し洗礼しました。。
無理やりの改宗でしたが・・(この話は後日)

ということで、キリスト教式の葬儀です。シンプルにしたいという遺言に従い
葬儀も家族だけでしたかったのですが、やはり教会の牧師のお祈りやら
教会員の参列はしていただかなければならないようです。
(洗礼を受けていると、かなり厳格)

ともかく・・・葬儀はシンプルに!ということで、教会内での葬儀ではなく
老人ホームの一部屋を借りての葬儀です。
葬儀社で部屋を借りると、それだけで「ン十万円」の世界です。
葬儀はお金がかかると言いいますが・・・・何から何までピンきり!

まずは棺。
こちらは一人の職人が何日もかけて彫刻した天然木棺。

kanoke3.jpg

お値段は、なんと!約250万円也!

因みに、amazonでも棺が売られていました~びっくり~~

kannoke1.png

kanoke2.png


見づらいですが・・・折りたたみ式で お値段 約2万円也。
私だったら迷わず安いので大丈夫。。だって・・・燃やしてしまうんですから!

シンプルが一番ということで・・・葬儀屋さんには一番安い棺を頼みました。
因みに背の高い人のための長めの棺もあるようです。。

次に祭壇。。これも、ピンきりですが、狭い部屋なので一番安いタイプ。。


kotu1.jpg
 そして、骨壷。。
 ←これは普通の白い骨壷

 下は3000円から、高いものは
 10万円以上のものも!

 永遠に残っていくものなので
 ちょっと豪華版にしました。
 と言っても、中級品の6万円也。
 深川製磁製の絵柄の付いたもので
 母と同じ物にしました。

 



父は教会の共同納骨堂に入る予定なのですが
牧師に「黒い布をかぶせて、中の骨壷は見れないのですよ」と
言われてしまいました。。白い骨壷でよかったかしら(笑)

棺や祭壇を含む葬儀代 35万円
骨壷 6万円
ドライアイス3日分 約3万円
霊柩車(これも一番安いタイプ) 2万円
額入り遺影写真(大・小二枚) 約4万円
献花(50本)  1万円


なんだかんだで・・・約55万円ほど。
そして火葬代が別にかかります・・・約7万円

一番シンプルにしても50万円はかかりますね。。
葬儀社の部屋を借りると、費用は跳ね上がります。。
でも家でするのも大変ですね。

そういえば・・・霊柩車の運転手の「寸志」チップは、3000円也。
あげる前に請求書に入っておりました(汗)

次は・・・牧師への寸志の話を・・・後日。。
 これが、けっこう大変なんですよ~




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[ 2015/05/05 23:00 ] ☆日本生活 父の葬儀 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
自分が「around 60」という年齢に達したことが信じられない!! 今日この頃・・・

Yummy

Author:Yummy
アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。日本ではフィットネス三昧、アメリカでは孫や犬の世話、北カリフォルニアにある家で忙しく動き回る日々。これってretirement謳歌しているっていうのか??日米の違いや楽しみ方を発信していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。