まさかの日米シニアライフ

  アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。retirement謳歌中?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あんなアメリカ人!見たことない!

アメリカの娘夫婦の家の引っ越しのため、まずはjunk(がらくた)を
片付けることに!・・・まあ、出るわ!出るわ! 家に広い納戸があったことと
子供が産まれたことで・・・junkが、たまりに、たまっておりました。↓

gara1.jpg

これは、ほんの一部で・・・junk専門の引き取り業者に持っていって
もらいました。家を出る前日には最後にもう一度来てもらう予定です。

さてさて・・・今まで引っ越しの際に、業者にパックをお願いしたことは
日本でもなかったのですが、娘夫婦は子供もいるし、アメリカで業者に
パックをお願いするという決断
をしました。(ちょっとオーバーか?)
今まで、さんざん、アメリカでの「ひどい体験」をなんども経験しているので
「決断」と呼べるほどもものだったんです。

パックする人は、朝8時から10時の間に来るとのことだったので
きっと「昼頃」来るんだろうね~
なんて、アメリカ式に考えていたら、
なんと8時過ぎに白人女性2人が到着。。これだけのことで、
「ちゃんと早く来た~~~すご~~いと!!」びっくりした私たち。

そして・・・もっと驚いたのは・・・・
ほとんど休憩を取らずに9時間働いてパックをし終えたこと!
あんなに働くアメリカ人を見たのは初めてです(汗)

しかも、パックした箱には連番までつけてくれていました
パックしてくれても、個数が分からなくなったり、何が入っているのか
分からなくなるのでは?という懸念が消えました。

↓赤矢印が連番のシール。引っ越し先で運び込む部屋や中身も記載されています
mtra10.jpg

135個のダンボール箱が完成。日本の箱よりも、かなり大きい箱なので
運ぶのが大変そう~と思ったのですが・・・日本のように手で運ぶのではなく
台車を使うので平気なんですね。箱以外には大型家具などもあります。

ほとんど休みなくアメリカ人女性2人が、9時間かけて
パックした箱や家具を取りに、次の日にやってきたのは・・・
屈強な白人男性3人と、すごい巨大なトラック↓

mtra100.jpg

4トントラックの比ではなく、かなり巨大です。10トン?わかりません。。
引っ越し費用は重量で決まるらしいので、後に請求がくれば重量はわかります。
この3人の男性たちも、予想に反して、朝8時過ぎに来て、ちゃっちゃと働き
夕方には終了。まずは運び出しは終わりました。

あんなに働くアメリカ人を見たのは初めてだったので、チップを
はずんでしまいましたが、実は、引っ越し先でunpack(荷解き)も
お願いしているので、ちゃんとやってくれたという噂
もあります。。
unpackを頼むと、箱から荷物を出してくれて、箱などのゴミは全て持って
帰ってくれるので、後始末が楽なんです。

リノベーションが終了してないせいで、私たちが実際に移動するのは
あと5日後・・・その間はスーツケースに入った荷物だけで生活します。
娘は先発隊として、私たち(娘婿・孫・私たち夫婦)とは別に早めに出発。。
引っ越し先の家のリノベーションは続行中なので、向こうの家の
生活準備ができるのか、心配です(汗)



人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

あと10日で引っ越しなのに・・・まだ手直しの最中で

引っ越しまで、あと10日と迫ってきました。引っ越し先の様子を最終確認
するために、娘婿だけ現地に行ったのです。

特に気がかりだったのは・・・カスタムメードのキャビネットが、間違えて
出来上がってきていたこと。それを修正してもらい、電子レンジとオーブンを
設置したという知らせがあり見に行ってみたのです。


以前、間違えて作られたキャビネット
縦(上下)に電子レンジとオーブンを設置するはずが、横(左右)に
設置するように、キャビネットが作られていた様子は、こちら↓

kitchen11.png

今回、縦(上下)に設置できるようにキャビネットを作りなおして
電子レンジとオーブンを設置した様子は、こちら↓

reno11.jpg


なんと!キャビネットは、電子レンジとオーブンが上下に入るように
作りなおされてはいましたが、設置したら、左隣の冷蔵庫との隙間がなく
冷蔵庫とレンジ・オーブンの間にはキャビネットの
縦のフレームがないこと
が判明。。。

電子レンジとオーブンの現物は、すでに購入して現場に置いて
あったので、サイズは確認できたはずなのですが。。(爆)
冷蔵庫と電子レンジとオーブンが、くっついてはいるものの
1ミリくらいの微妙な隙間ができるなんて!なんだかおかしい。


と、いうことで、引っ越し10日前ですが、この部分のキャビネットは
再度の作り変えが決定です。。ふぅ~
その他にも、細かい手直しが続行中。。

引っ越し先のリノベーションも気がかりですが・・
今、住んでいる家を売却するための準備も始めていて・・・
こちらも・・いろいろあります・・・ふぅ~
また、後日記事にします。




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


意外にも働き者のアメリカ人がsabbatical leave を取る!

昨年、アメリカで築100年の家を購入し、いまだにリノベーション中の
娘夫婦。その家への引っ越しが来月に迫ってきています。
引っ越しの段取りや引っ越し後の生活設営など、まだまだやらないと
いけないことが山積み。

引っ越し先の家は、現在住んでいる家から遠く離れていて、現場を
ちょっと見に行くなんてことはできません。(車で40時間ほどかかる距離)
夫婦だけならいいのですが、子供がいると生活をし始めるための準備も
簡単にはいきません。前もって用意しないといけないものもありますし。。

と、いうことで、娘婿がsabbatical leave(サバティカル休暇)を1ヶ月
取ることにしたそうです。
sabbatical leaveとは、伝統的には大学教授に与えられる特別研究するための
休暇のようですが、ビジネスの世界でも取り入れている企業もあるようで
長期有給休暇といったところです。

アメリカ人って「あまり働かない」印象がありますが、意外にも
アメリカは日本よりも祝日など休日は少ないです。
日本のような正月休み、ゴールデンウィーク、お盆休み、
シルバーウィークなんていうのがないせいか、長く休むことは
ありません。学校の夏休みは3ヶ月ありますが、親は働いて
いますし。

アメリカ人の娘婿も、こんなに長く休むのは初めて。。
日本じゃ、引っ越しだからって1ヶ月休暇なんて取れませんね。。




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

運ぶか!捨てるか!それが問題だ!

アメリカの娘家族の引っ越しは来月の予定。
娘夫婦はアメリカで3回の引っ越しを経験していますが、どの引っ越しも
市内を動いただけの簡単なものだったのです。今回は、他州に大移動。
約2500マイルの移動で、車だと40時間ほどかかる距離

今まで経験した引っ越しは「さんざん」なものでした。
荷物も少なく距離も短かったので、作業員2名と荷物を運ぶトラック1台という
引っ越し屋に頼んだのです。↓
twomenandatruck.jpg

自分たちでパック詰めして運んでもらう一番安上がりの引っ越しでしたが
テーブルには傷をつけられるし、来る時間は遅いし・・・
日本の引っ越し屋とは比べ物にならないほどの「いい加減さ」

そんな状況を予想してか・・・娘たちは「大型テレビ」を自分たちの車で
運びました。テレビの移動をを引っ越し屋に頼まない!なんて・・・
なんのために引っ越し屋を雇ったのか分かりませんでした。(爆)

この「いい加減さ」のせいか、アメリカでは自分たちで引っ越しする人も
多い
です。トラックを借りて友達を駆り出して引っ越し。
そのほうが安心なんだそう(笑)

さてさて、今回の引っ越しは大移動。。大型のソファや家具、ベッドなど・・・
自分たちでは運べないものが多数。引っ越し屋に見積もってもらったら
パックもやってもらうと100万円以上。しかも、新しい家に出発する2日前に
荷物を出すので、ベッドは使えないし、何もない家で1日以上過ごすとなると
小さな子供(孫)がいると、なかなか厳しい。。

と、いうわけで・・・大きな荷物を「運ぶ」か「捨てる」かで悩み中
大型家具を運んでも「傷だらけ」なんてことも考えられるし。。とほほ。。
日本の引っ越し屋だと、そんなことはありえないですが、アメリカでは
ありえます~?!(汗)

と、引っ越しのことを考えていたら、リノベーション業者から、
リノベ終了の日程が伸びるかもしれないとの連絡が!
えええ~~引っ越しの日程が、今さら変わるのか?
ああ~~どうなることやら。

アメリカと関わりあいができ始めた数年前は、こういうアメリカの
「いい加減さ」を理解できず、頭にきていた私ですが、最近は
慣れてきて、怒りを感じなくなった私。そういう自分が怖い~~(笑)




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

アメリカの家売却は「気が抜けない」

アメリカの娘夫婦の引っ越しは7月の予定で、そろそろ今住んでいる家を
売る準備を始めました。不動産屋さんに来てもらって、何をどうすれば
早く売れるかを相談。

アメリカで家を買う場合、ほとんどの人は中古住宅を買います。
引っ越してから大規模なリノベするのは大変なので、ほぼ綺麗で、
すぐにmove in (転居)できる物件が売れやすいそうです。

特に、キッチンとバスルーム(水周り)が古びた印象を与えない
ように、売る前にしておくことが大切。
娘たちのキッチンはカウンターなどはリノベ-ションしているのですが
電子レンジとオーブンが古いままなので、それを替えるように勧められました。

日本だとキッチンにある家電がついてくる!なんてことは、ほぼありませんが
アメリカの場合、電子レンジ・オーブン・冷蔵庫・食洗器などは、そのまま
ついてくるので、それが使えるかどうかは重要。
(キャビネットに、はめ込んであります)緑の矢印の部分↓拝借画像
1kitchen.jpg

ということで、もし住みながら家を売ろうとすると、不動産屋さんがつれてきた
お客さんが冷蔵庫の中まで見る!という事態が発生。。
冷蔵庫の中が「ぐちゃぐちゃ」なのは印象がよくないので整理が必要。
レンジの中も見られちゃう~~(笑)
アメリカで家を売りに出す時は気が抜けません。

空き家で売りに出す時も、それなりに努力が必要。がら~~んとした
家を見せるよりも、家具などを置いてオープンハウスのようにした
ほうが売れやすいそうです。
業者に依頼して家具を置いて綺麗に見せて売るということも多いです。
ステージング(staging)と言ってステージング専門の会社があります。
↓センスよく部屋を飾ります
Staging.jpg

まだ引っ越す前なら、自分たちでオープンハウス並みに綺麗に
花を飾ったり、臭いがないようにキャンドルをつけたり・・・と
努力しないと早くは売れないそうです。気が抜けませんね!

ふぅ~~大変~~
日本だとステージングなんて観念がないかも。。そもそも
そんなに中古住宅の流通がないですからね。日本は新築神話が
強いですから。

と、いうことで、次に引っ越す先のリノベーション中ですが、
今住んでる家もリノベーションする娘夫婦。
どうなるのか~~~




人気ブログランキング
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


プロフィール
自分が「around 60」という年齢に達したことが信じられない!! 今日この頃・・・

Yummy

Author:Yummy
アメリカに縁のなかった「around age 60」の私。まさかの展開で日米を行き来する生活に突入。日本ではフィットネス三昧、アメリカでは孫や犬の世話、北カリフォルニアにある家で忙しく動き回る日々。これってretirement謳歌しているっていうのか??日米の違いや楽しみ方を発信していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。